おすすめ消費者金融

消費者金融ガイド

可能な限り低金利で借りることを優先し、尚且つ確実に審査に通る融資先を総合的に判断したうえで、借入先を選ぶのが上手なキャッシングの利用法です。

審査に通る自信がない?

キャッシングの申し込みをするにあたって、自分は審査に通るか否か自信がない方もいると思います。特に一度借入審査で落とされた経験のある方は猶更のはずです。借入審査で金融業者が一番目を光らせるのが返済能力の有無です。金融会社にとって一番の懸念は融資をしたお金が返済不能となって焦げ付いてしまうことです。

それは不良債権となってしまって会社に大打撃を被ってしまうことから、貸付審査をするにあたって返済能力を重点的に調査を実施します。

審査に通らない理由

審査基準の違い

貸金業者の中でも、比較的審査が柔軟な金融会社と審査の厳しい業者が混在しています。基本的に銀行系大手の消費者金融は一様に審査が厳しく設定されており、借入件数が三件以上の顧客は審査に通らない理由の要因になっています。

また、収入の少なく支払い能力に問題がある人や、まったく定収の無い無職や専業主婦なども同様、審査に通ることは困難になります。審査基準は各金融会社によって少々異なってきますので、そういった特性を理解しておけば審査に落ちることもないはずです。

銀行ローン中堅ローンマチキンローン

新規借入を選択した方

新規借入をするにあたって、申し込みをする金融業者の金利を確認しておくことが重要です。まず現在の法定金利は18.0%ですが、それ以上の利息を取ることは法律で禁止されています。

悪徳サラ金などは顧客の足元をみて違法な高金利をとっていますが、法定金利以上の金利を支払う義務はありませんので、もう一度自分の払っている金利を見直してみましょう。

一番低金利の消費者金融は大手銀行系のフリーローンです。大手五社の金利は概ね10.0%以下に設定されています。中小のキャッシング会社で15.0%前後、審査基準の甘い金融ローンで18.0%でお金を貸しています。

たかだか0.1%違えども、毎月の支払いには大きく影響します。金利が高いと利息に充当する金額が大きくなってしまって、元金への充当が少なくなり、いつまでたっても借入金額が減らないことになります。

0借りれる範囲で最良の融資先を探してください
金融会社一覧

過去の融資実績を比較すると大手消費者金融よりも、いわゆる審査が柔軟な中小以下の金融会社のほうが高い融資実績を誇っています。銀行系は審査が厳しく、リスクの低い優良顧客を選り好みして融資をしているということです。

逆に中小以下の消費者金融会社は多少リスクが高くても、融資をしてくれますので複数の消費者金融から借入してる人にとっては有り難い存在といえるでしょう。

ちなみに一括りで中小といっても数が膨大なことから、多種多様な種類の業者が混在しているのも事実です。

審査基準が大手並みに厳しくしているところもあれば、借入件数が6件以上でもキャッシング可能な業者もあります。そういった情報は消費者金融情報に精通した当サイトをご利用いただければ、わかると思います。

個人信用情報データ

信用情報センターが収集する信用情報とは、消費者が金銭を賃借したり、商品をクレジットで購入したりした際の取引内容、支払い遅延等の客観的事実に基づく情報と、自己破産等の公的情報で、個人の返済・支払い能力に関する情報を指します。

信用情報センターは、信用情報の適正な収集と蓄積をしてそのデータを提供することで、消費者信用の円滑な発展の寄与しているのです。また、キャッシング会社は信用情報機関のデータを活用することで、複数借入者の発生や過剰融資を抑制することも出来ます。

貸金業の規制に関する法律(貸金業規制法)や割賦販売法では、債務不履行発生の防止を図るために与信業者は与信をするに際して、信用情報センターを利用するなどの方法で得たデータに基づき、支払い能力や返済能力を超えた貸付を行わないように努めることが義務づけられています。

最終更新日 6/2/20 0.51.07

厳選推奨サイト